オールドソウルがストレスを軽減するために

この記事では、オールドソウルが抱えるストレスを軽減するヒントを書いていきたいと思います。

オールドソウルかどうかを診断するテストはこちらから:

オールドソウル・テスト

あなたはオールドソウルかどうか診断してみましょう

1 / 20

「黒人差別」問題を見て「アメリカは大変だな」と思った(自分たちには直接関係ない)

2 / 20

職場で何か問題があったとしても、居心地が悪くなるのは嫌なので、何も言わず我慢して過ごすことを選ぶ。

3 / 20

集団行動が苦手で、社員旅行や団体旅行は仮病を使ってでもパスする

4 / 20

変化は面倒臭いからずっと同じ状態でいたいと思う

5 / 20

我が道を行くより周りに合わせていた方が楽

6 / 20

他の人がやっていることを見て、自分も「やらなければ」と思う(慣習やマナーやエチケットなど)

7 / 20

一人でも平気で海外旅行に行ける

8 / 20

市町村、都道府県、国や民族に帰属していると感じると、安心感を覚える

9 / 20

自分の意見や価値観がハッキリとしていてそれを主張できる

10 / 20

波風を立てるのが嫌でつい相手や周囲に迎合してしまう

11 / 20

子供の頃から周りとは上手くやれるし協調性もある

12 / 20

環境問題や動物保護には興味も関心もない、またあるけれど自分とは関係ないと思う

13 / 20

色々な国へ旅行して未知の体験をするのが好き

14 / 20

自分がしたいことしたくないことがハッキリとわからない、他の人が決めたことに従う方が楽

15 / 20

自分の生活に直接関係がない世界各国の情勢(香港やミャンマーの紛争など)には興味がない

16 / 20

これといった趣味はなく、仕事が終われば暇つぶしに動画を観たりゲームをしたり過ごす時間が多い

17 / 20

リスクを考えて躊躇するより、やりたいことをやるタイプ

18 / 20

自分の望むものを取りに行くよりも、与えられた環境の中に幸せを見出すタイプ

19 / 20

世界情勢や現在の地球の状態に関心を持っている

20 / 20

国境や国を超えた世界市民(コスモポリタン)の意識がある(人種や国籍を超えた友人たちがいる)

Your score is

0%

人は皆同じではない

世界のスピリチュアル・コミュニティでは、「私たちは皆同じ。誰の方がより進んでいて、誰の方が遅れているということはない」という論調が主流です。ですが、私はこの論調に常に違和感を覚えてきました。

「人は皆同じ」「人間に優劣はない」、それはその通りだと思います。老いも若きも、男も女も、肌や髪や瞳の色の違い、文化の違いによって、人間が差別されることがあってはなりません。

ですが、同じ人間の中でも、小学3年生と大学3年生にはかなり明らかな「違い」があります。

それは「人間としての成熟度」の違いです。

大学3年生が直面する人生の選択や将来についての考察の深さと、小学3年生が日常で経験する選択や考察の深さはまったく違います。それは年齢や成長段階の違いによるもので、誰も彼らが「同じレベルで扱われるべき」とは思わないでしょう。

それと同様に魂にも「年齢」があって、比較的若い魂と古い魂(オールドソウル)が経験する人生の内容は必ずしも同じではありません。したがって、すべての人間をひとまとめにして「平等」に扱うことに、私は違和感を覚えてきたのです。

魂の発達段階については、他の記事で詳しく書いていますので、参照してください。

相手と自分が「同じ」だと思う故に生じる期待を手放す

「人は皆同じ」と自分に「言い聞かせて」いたとき、私の中には絶え間ないフラストレーションとストレスがありました。相手に対する不満と期待を手放すことがでできなかったからです。それは、そもそも相手は自分と同じだと思っていたが故に生じていた不満と期待でした。

分別」を持つのは発達段階が高い方

小学3年生に大学生と同等の理解力を要求しても無理です。そのことを弁え、相手に対して「不当な期待」を抱くことを手放すのは発達段階が高い方の責任です。

なぜなら発達段階が低い方は、自分の能力の限界に見合ったことしかできないからです。これは相手を見下すとかディスるということではなく、相手の能力の限界を正当に見極めて「無理難題」を押し付けて相手を苦しめないということです。

「どんな人とでも話し合えばわかりあえる」というのは子供っぽい幻想です。意識レベル、発達段階、人生観、価値観などが違えば、わかりあえないことの方が多いです。そしてそれは決して悲しいことでも残念なことでもなく、極めて自然なことなのです。

その事実を受け入れて距離をとるのは発達段階が高い方の責任なのです。

すべての人を受け入れなくて良い

「すべての人を受け入れる必要はない」と知ることも大切です。

私にも「苦手なタイプ」の人たちがいます。今の私は「すべての人を受け入れなければ」という理想論を自分に押し付けて、自分を苦しめることは止めました。相手から離れることで、自分も相手も守ることを学んできたのです。

苦手な人たちとは付き合わなくていい。話さなくていい。

こう思えるようになってから、心は解放されました。

関連記事:

オールドソウルのためのコンサルテーションこちら

個別セッションはこちら:

お問合せはこちら:

オールドソウルのための無料 E-Book はこちら:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

プロフィール

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

アーカイブ

TOP