オールドソウルが抱えるストレスを軽減するために

この記事では、魂の発達段階が高いオールドソウルが抱えるストレスを軽減するヒントを書いてみました。

人は皆同じではない

世界のスピリチュアル・コミュニティでは、「私たちは皆同じ。誰の方がより進んでいて、誰の方が遅れているということはない」という論調が主流です。ですが、私はこの論調に常に違和感を覚えてきました。

「人は皆同じ」「人間に優劣はない」、それはその通りだと思います。老いも若きも、男も女も、肌や髪や瞳の色の違い、文化の違いによって、人間が差別されることがあってはなりません。

ですが、同じ人間の中でも、小学3年生と大学3年生にはかなり明らかな「違い」があります。

大学3年生が学校の講義で学んでいる内容を小学3年生に話して聞かせても、相手が理解できるとは限りません。なぜなら、小学生はまだそこまで理解力が発達していないからです。

これは誰もがわかる理屈だと思います。

相手と自分が「同じ」だと思う故に生じる期待

「人は皆同じ」と自分に「言い聞かせて」いたとき、私の中には絶え間ないフラストレーションとストレスがありました。相手に対する不満と期待を手放すことがでできなかったからです。そもそも自分と相手は同じだと思っている故に生じていた不満と期待でした。

後に個々の魂には「発達段階」というものがあると知り、そのことを深く理解していく中で、「相手に求めて良いこととそうでないこと」の区別をつけることができるようになってきました。相手の発達段階はまだそこまで高くない。無意識の状態でストーリーを生きているのだ。その人に求めてよいことと、そうでないことがある。

相手を見下すとかディスるとかジャッジすることではなく、上から目線でもなく、相手をただありのままに受け入れることを学んだのです。「正しい諦め」を持てたことで、私のフラストレーションやストレスは軽減していきました。

魂の発達段階については、他の記事で詳しく書いていますので、参照してください。

発達段階が高い方が分別を持つ

小学3年生に大学生と同等の理解力を要求しても無理なのです。そのことを弁え、相手に対して「不当な期待」を抱くことを手放すのは、発達段階が高い方の責任です。

「どんな人とでも話し合えばわかりあえる」というのは、言ってしまえば子供っぽい幻想でしかありません。意識レベル、発達段階、人生観、価値観などが違えば、どれだけ話しても平行線なのです。

その事実を受け入れ、そっと離れることができるのは、発達段階が高い方の責任なのです。

すべての人を受け入れなくて良い

「すべての人を受け入れる必要はない」と知ることも、自分のストレスを減らすという意味では大切なことです。

私にも「苦手なタイプ」の人たちがいます。今の私は「すべての人を受け入れなければ」という理想論を自分に押し付けて、自分を苦しめることはしません。相手から離れることで、自分も相手も守ることを学んできたのです。

苦手な人たちとは付き合わなくていい。話さなくていい。こう思えるようになってから、心は解放されました。

オールドソウルのためのスピリチュアル・コンサルテーションこちら

オールドソウルが取り組む「個性化」「分化」の 無料 E-Book が完成しました。個性化について理解を深めたい方は是非ご利用ください。オールドソウルかどうかを診断するテストはこちらから。

オールドソウル・テスト

あなたはオールドソウルかどうか診断してみましょう

1 / 20

環境問題や動物保護には興味も関心もない、またあるけれど自分とは関係ないと思う

2 / 20

「黒人差別」問題を見て「アメリカは大変だな」と思った(自分たちには直接関係ない)

3 / 20

一人でも平気で海外旅行に行ける

4 / 20

合わない人たちと表面的に付き合うより、独りでいる方を選ぶ

5 / 20

大勢でつるむのは苦手、一人で過ごす時間が多い

6 / 20

集団行動が苦手で、社員旅行や団体旅行は仮病を使ってでもパスする

7 / 20

世界情勢や現在の地球の状態に関心を持っている

8 / 20

自分の生活に直接関係がない世界各国の情勢(香港やミャンマーの紛争など)には興味がない

9 / 20

変化は面倒臭いからずっと同じ状態でいたいと思う

10 / 20

子供の頃から周りとは上手くやれるし協調性もある

11 / 20

他の人がやっていることを見て、自分も「やらなければ」と思う(慣習やマナーやエチケットなど)

12 / 20

波風を立てるのが嫌でつい相手や周囲に迎合してしまう

13 / 20

我が道を行くより周りに合わせていた方が楽

14 / 20

色々な国へ旅行して未知の体験をするのが好き

15 / 20

国境や国を超えた世界市民(コスモポリタン)の意識がある(人種や国籍を超えた友人たちがいる)

16 / 20

リスクを考えて躊躇するより、やりたいことをやるタイプ

17 / 20

市町村、都道府県、国や民族に帰属していると感じると、安心感を覚える

18 / 20

自分の望むものを取りに行くよりも、与えられた環境の中に幸せを見出すタイプ

19 / 20

他と同じじゃないと不安になる

20 / 20

自分の意見や価値観がハッキリとしていてそれを主張できる

Your score is

0%

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. オールドソウルが一般社会で生きるということ

  2. オールドソウル 迎合しない生き方が個性を開く

  3. 【保存版】オールドソウル 個性化とは自分と他者を区別するプロセス

  4. オールドソウルが自分に合う人を見極めるために必要な3つのこと

  5. オールドソウルはアドバイスを求める相手を選べ

  6. 発達段階の違いによるアイデンティティ意識の差

  7. オールドソウルが自信を身に着ける方法

  8. オールドソウルは「本当の自分」に戻ってそれを生きること

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ