「過去を癒す」は5次元以上の現象

この記事では、3次元と5次元以上の違いを、「過去を癒す」ことと絡めながら解説してみたいと思います。

3次元

私たち人間が暮らす3次元の特徴は:

  • 時間
  • 物質
  • 距離

です。

3次元の世界では、東京に暮らす人が「パリへ行きたい」と願えば、身体(物質)を飛行機に乗せて移動させ(距離)、移動に時間をかけなければ目的を達成することができません。簡単に言えば、それが特徴です。

また、3次元が別名「時間の世界」と呼ばれるのは、明確な「過去」「今」「未来」という直線的な「時間軸」が存在しているからです。

4次元

3次元から「物質」と「距離」をとった世界が4次元です。

距離や物質を必要としないインターネットの世界は4次元です。日本の東京に居ながらパリの人と交信したり、紙を必要としない「本」を読んだりできるのが、インターネットの特徴です。

しかしまだ「過去」「今」「未来」という直線的な「時間軸」が存在している点で5次元とは一線を画しています。

5次元

5次元には、「時間」「物質」「距離」が存在しません。

例えば、東京にいる人でも「想像の中」でなら、パリを疑似体験することができます。わざわざその場へ行かずとも、想像するだけで特定の感情をよみがえらせたり、味わったりすることが可能なのです。

一度でもレモンを食べたことがある人なら、「レモン」を想像しただけで口の中に唾液が湧き出てくることでしょう。体(脳)は「レモン」を疑似体験し、身体はそれに反応して唾液を分泌し始めるのです。

人間のマインドは時間軸や主語を持ちませんから、想像上で経験した「レモン体験」を「現実の体験」として認識します。つまり、実際にはレモンを食べなくても、食べていると想像しただけで、食べたのと同じ体験として記憶に残るのです。

意識は5次元

この事実は、他のことにも当てはまります。

かつてとても幸せな気持ちを味わった出来事を持つ人は、その出来事を思い出すことで「幸せな感覚」に浸ることができます。同様に、かつて大きな恐怖を味わった経験を持つ人は、何度もこの出来事を反芻し、身体が「恐怖体験」を味わいます。

マインドは今味わっている感覚が今のものなのか過去のものなのかは関係なく、「自分の体験」として感覚が刻みこまれます。

レモンの原理と同じです。

過去が今に影響する

あまりにも心の痛みが激しい場合、恐怖はしっかりと昇華されることがありません。感じなくても済むようにエゴが介入し、痛みを潜在意識に抑圧してしまうからです。

抑圧されても傷が無くなったわけではないので、外の世界の出来事に潜在意識が刺激される度に、身体は「恐怖の反応」を繰り返します。

肩が強張り、心臓がバクバクし、冷や汗が出てきます。足が震え、周囲の景色が違って見えます。実際には平和な景色が繰り広げられていますが、この人の身体の中では「過去の恐怖体験」が再現されているのです。

トラウマ体験とその結果

「とても大きな恐怖を味わった出来事」とは何も過激な経験である必要はありません。

幼い自分が母親から心ない一言をかけられ大きなショックを受けたら、「とても怖い出来事」として記憶に残ります。子供にとって母親とは絶対的な存在ですから、その人から否定されれば生存に関わる恐怖を味わうこととなるのです。

この子がこの傷を癒さないまま大人になると、些細なことでも相手に対して失礼なことをしてしまったと感じると、母親の機嫌を損ねて味わった恐怖が刺激され、身体の中にトラウマ反応が起こります。

その結果、絶えず相手の顔色を伺ったり、他者に迎合したりする人になっていくのです。

過去の癒し

この人が過去の恐怖体験を乗り越え、自分らしく振舞えるようになるためには、過去を癒す必要があります。

先にも述べたように、意識は5次元で、「過去」「今」「未来」という直線的な時間軸がありません。身体の中に残っている「過去」の記憶でも、身体は「今」の出来事として反応し、防衛反応を示し続けます。要因となっている「過去の記憶」を処理しないかぎり、「今」現在起こっている身体反応はなくなりません。

ヒーリングワークではこの原理を利用して、「今」この場で「過去の記憶」を掘り起こし、そこに残っている感情体験を完了させることによって癒します。そして「今」ポジティブな感情を味わうことで「過去の記憶」を上書きし、意識の周波数を変えていきます

関連記事:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. グラウンディングに効果的な食べ物や住居やアクティビティ

  2. 私が読者やクライアントの皆さんからの個人的メッセージをお断りしている理由

  3. 「何をするか」よりも「どんな波動でするか」が重要

  4. 「繋がり」や「絆」の本当の意味

  5. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

特集記事

  1. 幸せの尺度

  2. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

  3. 「弱点」と「欠点」の違いとそれぞれの対処法

  4. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  5. 「子供らしい」と「子供っぽい」の違い

保存版記事

  1. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  2. 【保存版】癒しの原理

  3. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】自分の人生の責任を負う

アーカイブ

TOP