オールドソウルが自分に合う人を見極めるために必要な3つのこと

私たちは、自分をよく知らないうちは、自分に合う友人やパートナーがどんな人なのかよくわかっていません。

私自身、10代、20代の頃の恋愛は、「なんだかよくわからないけれど」出会いがしらに恋に落ちた相手と付き合ったりしていました。

若い頃の私は「自分」という人がよくわかっていませんでしたし、自己否定が強かったので、自分とはとうてい合わないような相手とばかり付き合って、結果的に不満に感じたり辛い思いをしていたように思います。

オールドソウルかどうか診断するためのテストはこちら。

オールドソウル・テスト

あなたはオールドソウルかどうか診断してみましょう

1 / 20

国境や国を超えた世界市民(コスモポリタン)の意識がある(人種や国籍を超えた友人たちがいる)

2 / 20

集団行動が苦手で、社員旅行や団体旅行は仮病を使ってでもパスする

3 / 20

世界情勢や現在の地球の状態に関心を持っている

4 / 20

自分の意見や価値観がハッキリとしていてそれを主張できる

5 / 20

変化は面倒臭いからずっと同じ状態でいたいと思う

6 / 20

波風を立てるのが嫌でつい相手や周囲に迎合してしまう

7 / 20

他の人がやっていることを見て、自分も「やらなければ」と思う(慣習やマナーやエチケットなど)

8 / 20

我が道を行くより周りに合わせていた方が楽

9 / 20

子供の頃から周りとは上手くやれるし協調性もある

10 / 20

合わない人たちと表面的に付き合うより、独りでいる方を選ぶ

11 / 20

色々な国へ旅行して未知の体験をするのが好き

12 / 20

大勢でつるむのは苦手、一人で過ごす時間が多い

13 / 20

リスクを考えて躊躇するより、やりたいことをやるタイプ

14 / 20

一人でも平気で海外旅行に行ける

15 / 20

「黒人差別」問題を見て「アメリカは大変だな」と思った(自分たちには直接関係ない)

16 / 20

市町村、都道府県、国や民族に帰属していると感じると、安心感を覚える

17 / 20

自分の生活に直接関係がない世界各国の情勢(香港やミャンマーの紛争など)には興味がない

18 / 20

自分の望むものを取りに行くよりも、与えられた環境の中に幸せを見出すタイプ

19 / 20

他と同じじゃないと不安になる

20 / 20

環境問題や動物保護には興味も関心もない、またあるけれど自分とは関係ないと思う

Your score is

0%

3つのこと

自分に合う人はどんな人なのか、逆に、合わない人はどんな人なのかを見極めるためには、以下のことが必要です。

  1. 自分自身を深く知ること
  2. ありのままの自分をまるごと肯定すること
  3. 自分を愛すること

今の私は、その頃に比べれば格段に「自分のこと」を分かってきています。自分を肯定する力も増えました。なので「自分に合う人」はどんな人かがある程度「明確化」しています。

例えば、私は完全インドア派で、週末ごとに外出するような生活はストレスになってしまいます。コロナウィルスで外出するなと言われれば、2年でも3年でも外出せずに、ストレスを感じることなく過ごせる人です。

以前はそんな自分のことを「ダメなんじゃないか」と否定する気持ちが強かったのです。そして、気分が乗らなくても無理やり外出してみたり、気が向かない集まりに出たりしていました。

でも、そういう自分は不自然だし、ちっとも楽しくないことに気づいていったのです。

もちろん、外出して気分転換になったり、ストレスが解消できる人たちがいることは理解できます。外出が楽しくて好きなタイプなのだと思います。

でも、中には私のように、外出すると消耗してしまう「エンパス体質」の人たちも、沢山いることも知っている。そういう人たちに、外出が好きな派のアドバイスは何の役にも立ちません。私たちは、外出すること自体がストレスになってしまうのですから。

エンパスは、「自分だけの空間」でゆっくり寛ぐことでエネルギーをチャージします。その時間が他の人よりも多く必要で、家の中で動物と戯れたり、映画を観たり、音楽を聴いたりすることでストレスを解消して英気を養っているのです。

そういう自分の性質を深く理解して、「それでいいのだ」と完全に肯定することができてから、私は「家に閉じこもってばかりいてはダメ」と言って、私を無理やり外へ連れ出そうとする人たちとは、付き合わないようになりました。そういう人たちと付き合うこと自体がストレスになるからです。

自分を愛することで相手からも愛される

私たちは、自分と向き合い、自分という人を深く理解して愛することができるようになると、自分に合う人はどんな人なのかが自然とわかるようになってきます。

自己価値感や自尊心が低いままだと、合わない相手を受け入れようと無理していたり、相手の問題を見て見ぬフリをしてしまいます。

健全な自己肯定感が育ち、自分の価値を受け入れらるようになると、合わない人たちからは離れるように、自分が変化していくのです。

今の私は、友人もパートナーも、以前よりもぐっとシビアな目で選ぶようになっています。自分がどんな生き方をしたい人なのか、パートナーシップに求めるものは何なのか、友情関係に求めるものは何なのかを、過たないようになってきているのです。

長い癒し・浄化・統合のプロセスの成果の一つです。

個別のサポートが必要な方は個別セッションをご利用ください。

お問合せはこちらから。

各種テストはこちらから。

 © 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. オールドソウルに必要な「親越えの儀式」

  2. 発達段階の違いによるアイデンティティ意識の差

  3. オールドソウルが一般社会で生きるということ

  4. 【保存版】オールドソウル 個性化とは自分と他者を区別するプロセス

  5. オールドソウル 迎合しない生き方が個性を開く

  6. オールドソウルの特徴

  7. オールドソウルはアドバイスを求める相手を選べ

  8. オールドソウルが抱えるストレスを軽減するために

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ