他人に関心がありすぎる日本人

日本の人たちの様子を観察するにつけ強く感じることは、「日本人は他人に関心がありすぎる」ということです。さらに言えば、「他人のことに口を挟んだり干渉したりする人が多い」

他人のことを「他人のこと」として放っておけず、自分がアレコレ考えてしまう、口出ししてしまうのなら、それは自分の中に心理的問題があるという明らかなサインです。

他者のことは我関せずが健全な在り方

ずっと以前に香港の友人からこんなことを言われました。

「この前東京へ遊びに行ったとき、地下鉄の中で電話で話している人がいた。そうしたら、近くにいたおばあさんが、その人に向かって「ちょっとアンタ、やめなさいよ」って注意したの。このおばあさんは、とんでもない無礼者ね!

これを聞いたときに、「すごく香港人らしいな」と思ったのです。

香港の人たちは基本的に他者には無関心です。他人がどこで何をしていようと、「自分とは関係ない」という姿勢を崩さない。誰かが明らかな「ルール違反」をしていたとしても、そのことと自分はまるで関係ないというスタンスです。

というか、事実そうですよね。赤の他人がルール違反していようが何だろうが、それと自分は関係ない

もしも他者の行為が自分に迷惑や被害を及ぼしている場合は、警察や係員を呼んで対処してもらえばいい。

けれども自分が相手に直接注意したり窘(たしな)めたりする行為は「越権行為」として慎むものと心得ている人が香港には多いです。

香港人だけでなく、アメリカでもヨーロッパでも、他者のことに干渉しないという姿勢は成熟した社会であれば自然とそこにありました。

境界線が引けない日本人

一方日本人は、他人の在り方や振る舞い方が気になって仕方がない人が多いです。

私は日本に帰って来て以来、「日本は監視社会」だと感じるようになりましたが、いわゆる「世間の目」というものの存在が大きく、常に誰かから監視の視線を向けられているように感じることがあったのです。

ルール違反している人を見ると怒りが湧き上がってくるという人がいる。「あんなこと、するべきじゃないのに!」と憤る。そして我慢できずに自分が相手に注意してしまう。

これは自分と他者の間にしっかりとした境界線が引けていないことを表しています。いみじくも香港人の友人が私に言ったように、「無礼」なんです。

例えば、赤の他人がその人の家の庭でどんな花や木を植えていたところで、自分にはまったく関係がない話でしょう。だって他人が他人の庭でしていることなのだから。

もしも隣の庭に生えている木の枝がこちらに向かってきて危ないというのなら、交渉して何とかしてもらえばいい。でもそうでない限り、他人が自分の庭でしていることに強い興味や関心を示すというのであれば、それはその人の内面に深刻な心理的問題があることのサインです。

日本人は規範意識が極度に強いので、とかく自分や他者を「べきべき」「ねばならない」で縛って自分の思い通りに操ろうとしてしまう。その行為自体が問題なのだと気づけない人も多い。

様々な発達段階の人たちがいるという事実

私もある時、香港の地下鉄内で隣に座った白人女性が膝の上にハンバーガーの包みを広げて食べ始めたので、辟易した経験があります。臭うし不衛生だし。「地下鉄の中は飲食禁止なんだけどなぁ」と思ったものです。

けれども彼女に「ここは飲食禁止なんですよ」と教えてあげるのは私の仕事じゃない。だから、私はそっと席を立って女性から離れることで自分を守りました。

自分を守るということであるならば、それで十分なんです。わざわざ相手の境界線を侵害する必要はない。

この社会には、様々な発達段階の人たちが混然一体となって暮らしています。モラルが高い人もいれば低い人もいる。まだルールや規則を必要とする人たちもいる。

色んな人たちが寄り集まって生きているという事実を受け入れられるかどうかも、自分の内面の成熟度によるわけです。

境界線が引けているかどうかを測るテストはこちら。

境界線テスト

あなたがどれくらい境界線が引けているかを測ってみましょう。

1 / 20

あなたのパートナーは見栄っ張りで、すぐにカードを切って奢ってしまいます。こんなときあなたは:

2 / 20

あなたの10代の子供はスマホが大好きです。料金を支払っているのはあなたです。子供はあなたが使用量をチェックすることに抗議してきました。こんなときあなたは:

3 / 20

あなたはレストランで食事をしています。 近くのテーブルの人たちがお酒を飲んで大騒ぎし始めました。あなたは食事や会話を楽しむことが出来ません。こんなときあなたは:

4 / 20

家族や親せきの中には、あなたの私生活 について詮索し、聞いてもいない余計なアドバイスをしたがる人たちがいます。お盆や正月が憂鬱です。こんなときあなたは:

5 / 20

友人の一人が、人が大勢集まる場所であなたに関する不適切発言を連発し、あなたは気分を害しました。こんなときあなたは:

6 / 20

家族の一人が「今月は財布が厳しい」と 言ってきました。もうすでに何度かお金を貸しています。今回は「子供に自転車を買ってやりたいから1万円貸して欲しい」と言っています。あなたは:

7 / 20

友人があなたの家へ子連れで遊びに来ました。目を離したすきに、子供があなたの家具に落書きしました。友人を見ると、悪びれた様子もなく笑っています。こんなときあなたは:

8 / 20

あるセミナーを受講中に、講師がクラス全員の前であなたの短所を批判し、あなたは居たたまれない気持ちになりました。こんなときあなたは:

9 / 20

同僚の仕事の納期が間に合いそうもありません。あなたに「手伝ってくれ」と頼んで来ました。あなたには同じく納期が迫った仕事があります。こんなときあなたは:

10 / 20

数人で旅行へ行きました。あなた以外の全員は、博物館へ行きたいと言いますが、あなたは行きたくありません。こんなときあなたは:

11 / 20

上司があなたの仕事の成果を自分のものとしてプレゼンしていることを知りました。こんなときあなたは:

12 / 20

あなたのアパートで飲み会をすることになりました。会がお開きになってみんなが帰る頃には、家の中はひどいありさまになっていました。こんなときあなたは:

13 / 20

海外旅行へ出かけてヒッチハイクにチャレンジしました。たまたま乗せてもらったのは若者たちの車で、スピード違反や危険運転を繰り返し、あなたは生きた心地がしません。あなたは:

14 / 20

何か月も会っていない兄弟姉妹が、ランチの約束をドタキャンしてきました。「近いうちに埋め合わせする」と言っていますが、ドタキャンされたお陰でスケジュールが空いてしまいました。あなたは:

15 / 20

子供の学校のPTAで代表者を選出しなくてはなりません。立候補する人は誰もいません。あなたも忙しくて余裕がありません。こんなときあなたは:

16 / 20

親しい友人から連絡が来て、「仕事で嫌な ことがあったので、今夜飲みに付き合って欲しい」と言われました。あなたにはすでに予定があります。こんなときあなたは:

17 / 20

あなたの同居人は仕事が忙しく家事を全くしません。あなたが一切の家事を担当しています。あなたの中に不満が蓄積しています。こんなときあなたは:

18 / 20

ようやくプロジェクトが片付き、待ちに待った休暇へ出かけるところです。ところが、こんなときに限ってクライアントから急ぎの仕事の依頼が入りました。あなたは:

19 / 20

あなたの息子はお酒が好きで、毎晩晩酌をします。今日も夕食前にビールを 開けて飲もうとしています。こんなときあなたは:

20 / 20

上司から、あなたのミスではないことに関して「謝罪するように」と言われました。あなたは自分が悪いとは思いません。こんなときあなたは:

Your score is

0%

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 【祝辞】勝ち取った自由と共に生きてください

  2. 「実行する力」男性性と自己有力感の関係

  3. 「魂の傷」が何かを知るのは意外と簡単

  4. 全米に衝撃を与えた若き共依存カップルの事件をひも解く-魂の癒しが反転したとき-

  5. 自分らしく生きることとわがままの違い

特集記事

  1. 幸せの尺度

  2. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

  3. 相手を大人として扱う

  4. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  5. ショックな出来事があった時は深い癒しのチャンス

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  4. 【保存版】社会に適応する必要はない

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

アーカイブ

TOP