自分らしく生きるとは

「自分らしく生きる」とは、自分に嘘をつかずに生きること、自分の本性に正直に忠実に生きること。

「自分らしく生きる」と聞くと、何か自分の「好きなこと」をやって生きていくことと思われるかもしれません。もちろんそうなのですが、ですが実際にはそれよりももっと深い意味があります。

ライフスタイル

料理が苦手でどうしても料理でない人は、その本性に正直に忠実に生きることが「自分らしく生きる」ことです。その人の本性とは、努力や頑張りで変えることができないもののことです。「料理が苦手」とは、受け入れるより他ない要素なのです。この場合、できるだけ料理をしなくても生きていけるライフスタイルを確立することが、「自分らしき生きる」ことにつながります。

大人数でつるむのが苦手で、一人きりで何かをするのが好きな人は、一人で過ごせる時間を沢山もつことや、一人で黙々と取り組めることを仕事にすることが、「自分らしく生きる」ためには必要です。

おしゃべりが大好きで、常に話をしていたい人は、気の合う話し相手を沢山持っていた方がより「自分らしい」でしょうし、営業や接客などに向いています。

自分をよく知ること

私たち人間の個性は一人ひとりまったく違います。「自分らしく」生きたいと思うのであれば、まずは「自分はどんな人か」を良く知る作業が必要不可欠です。

私はもともと、変化の少ない安定した日常に退屈や息苦しさを感じるタイプの人なので、安定した職業を得てそれを大切にしながら生きる生き方は向いていません。それよりも、その時その時の自分の気持ちに正直に、やりたいことに向かって体当たりで進んでいく生き方が合っているタイプです。

私がこのことに気づいたのは26歳の時で、その時以来その生き方は47歳になった今でも変わっていません。

自分を受け入れる

ゲイなのだけど、その本性を隠しながら生きている人は、自分に正直に生きているとは言えません。

世間や周囲の目を気にして自分の本性に忠実に生きられなければ、いずれ抑圧された自分を「別な場所」で解放せざるを得なくなります。アングラ文化はこうして発達していくのです。

「自分らしく生きる」「自分を生きる」と決めるのなら、自分のすべてをありのままに受け入れることが必要です。世間や周囲に受け入れられたいと願う前に、まずは自分自身がどこまで自分の本性を受け入れられているかなのです。

自分の中に受け入れられていない自分の要素が多ければ多いほど、自分らしく生きることができません。

本当の意味で自分らしく生きたいと願うのであれば、まずは自分を受け入れて愛せることが必要なのです。

© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 自分に合った仕事の選び方

  2. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

  3. 本当に欲しいものを求める その1

  4. 本物の情熱と偽物の情熱

  5. 「キャリア」に関する意識を変える

  6. 本当の自分を生きる実例

  7. 「やりたいこと」は常に変化すると心得る

  8. 変化の中で変わらないものが「本質」

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ