村上春樹氏がノーベル文学賞を取れない理由を一人のファンとして考える

今年もノーベル賞各賞の受賞者が発表されました。

16度目の正直ということで、毎年文学賞候補に名前が挙がっている村上春樹氏が、なぜいつまで経ってもノーベル文学賞が取れないのか、一人のファンとしてその理由を考えてみました。

村上作品は文学ではない

私が考える理由は、「村上作品は文学ではないから」。

私は20代で村上の作品にハマり、彼の昔の作品はほぼすべて読んだと思います。

「風の歌を聴け」から始まり「1973年のピンボール」「羊男を巡る冒険」「ダンスダンスダンス」。村上ワールド全開のこの頃の作品は大好きです。

村上は、今までの作家に無かったとてもシュールな視点から新たな人間像を描きだして「村上ワールド」と呼ばれる独特の世界観を創り出せる稀有な作家だと思います。

けれども、彼の作品が「文学か?」と聞かれれば、そうではないと、私は思う。

受賞するのは「学作品」だけ

例えば遠藤周作や大江健三郎、川端康成あたりは間違いなく「文学」でしょう。

日本人でただ二人ノーベル文学賞を受賞している川端と大江の作品は、人間存在の本質に迫っていたり、人間が抱える深層心理の深みを描き出すことに成功しています。

普遍的真理と向き合い描きだすことに成功した作品は、村上春樹にはないわけです。

彼の作品は、何かもっとSFチックな目新しいシュールな人間観を描き出すもので、そこに普遍的真理とか人間存在の本質などは感じられない。

だから読者はまるで一本の映画を観た後のような余韻に浸ることはあっても、人生の何たるかについて洞察を得たり、閃きを得る経験をするわけではない。

実にこの点が村上がノーベル文学賞が取れない理由ではないのかと、私は勝手に想像します。実のところは、私は審査員ではないのでわからないですけど。

一人のファンとしては、まぁ、賞を取っても取らなくても何も変わらないと思います。村上ワールドは村上ワールドだし、あのシュールさ生み出せる作家は他にはいない。

それが村上春樹の価値だと思っています。

百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【お知らせ】メタフィジカル・スクール モニター募集

  2. 【雑記】孤独を厭わないことの本当の意味 -私の場合-

  3. 人として成長したいならすべてを自分で決めること

  4. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足させる仕事とは何か-

  5. 「共感」とは「共にあって感じる」こと

特集記事

  1. 一人ひとりまったく違う現実を生きている

  2. 「成熟」とは

  3. 自分らしく生きるための唯一のレシピ

  4. 挨拶は強要するものではない

  5. ライトワーカー7つの特徴

保存版記事

  1. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  2. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  3. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

  4. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP