オールドソウル 迎合しない生き方が個性を開く

オールドソウルは他者とは違う自分だけの個性を存分に開花させ、それを貫いて生きていくことが必要です。

自分だけの個性を開花させるためには、世間や相手に迎合しない生き方をする必要があります。

関連記事:

オールドソウルかどうか診断するためのテストはこちら。

オールドソウル・テスト

あなたはオールドソウルかどうか診断してみましょう

1 / 20

環境問題や動物保護には興味も関心もない、またあるけれど自分とは関係ないと思う

2 / 20

変化は面倒臭いからずっと同じ状態でいたいと思う

3 / 20

国境や国を超えた世界市民(コスモポリタン)の意識がある(人種や国籍を超えた友人たちがいる)

4 / 20

我が道を行くより周りに合わせていた方が楽

5 / 20

色々な国へ旅行して未知の体験をするのが好き

6 / 20

自分の望むものを取りに行くよりも、与えられた環境の中に幸せを見出すタイプ

7 / 20

波風を立てるのが嫌でつい相手や周囲に迎合してしまう

8 / 20

世界情勢や現在の地球の状態に関心を持っている

9 / 20

市町村、都道府県、国や民族に帰属していると感じると、安心感を覚える

10 / 20

自分がしたいことしたくないことがハッキリとわからない、他の人が決めたことに従う方が楽

11 / 20

一人でも平気で海外旅行に行ける

12 / 20

これといった趣味はなく、仕事が終われば暇つぶしに動画を観たりゲームをしたり過ごす時間が多い

13 / 20

「黒人差別」問題を見て「アメリカは大変だな」と思った(自分たちには直接関係ない)

14 / 20

他の人がやっていることを見て、自分も「やらなければ」と思う(慣習やマナーやエチケットなど)

15 / 20

職場で何か問題があったとしても、居心地が悪くなるのは嫌なので、何も言わず我慢して過ごすことを選ぶ。

16 / 20

自分の意見や価値観がハッキリとしていてそれを主張できる

17 / 20

子供の頃から周りとは上手くやれるし協調性もある

18 / 20

リスクを考えて躊躇するより、やりたいことをやるタイプ

19 / 20

集団行動が苦手で、社員旅行や団体旅行は仮病を使ってでもパスする

20 / 20

自分の生活に直接関係がない世界各国の情勢(香港やミャンマーの紛争など)には興味がない

Your score is

0%

他と違うことは恥ずかしいと教える日本の文化

日本では、幼少期から「みんなと同じことが良いこと」という価値観を刷り込む躾や教育が行われています。

保育園の前で泣き叫ぶ男の子に向かって母親が、「泣いてるの、〇〇君だけだよ、恥ずかしいよ」などと言って子供を泣き止まそうとする。

無意識にではありますが、他と自分を比べ自分は恥ずかしいことをしているのだと刷り込むことで、子供の行動をコントロールしているのです。

「他と違うことをしている自分は恥ずかしいのだ」と刷り込まれる日本では、自分だけの個性を伸ばすことは本当に難しいです。

他と違う部分を伸ばすことが個性化

  • 他者や相手に迎合しない(相手に合わせない)
  • 相手と水平な関係を持つ(先輩・後輩などの上下意識なし)
  • 行動するときの軸を自分の真ん中に持つ(他者や相手ではなく)
  • 何事も自分で決める

自分の個性をしっかり開くためには、他者や相手に「迎合する」ことを完全に止めなくてはなりません。他者や相手に認められ受け入れられることで自分の居場所を確保しようとすることを止めて、自分の中に軸を持って生き始めた時に個性化のプロセスはスタートします。

常に自分に忠実・誠実であること(自分に嘘をつかない)。それを日々の生活の中で実践していくことが必要です。

  1. 皆が楽しんでいても自分が悲しければ泣く
  2. 皆が嬉しがらないことでも自分が嬉しければ喜ぶ
  3. 他の人が面白いという映画でも自分がつまらないと思えば見ない
  4. 他の人が皆お酒を飲んでいても自分が飲みたくなければ飲まない

関連記事:

行動してブロックを昇華する

相手や周りと合わせるのを止めて、どんなときでも「自分らしく」振舞う強さを養っていくのです。最初のうちは「合わせない」ことに心地悪さや居たたまれなさを感じますが、それこそが昇華される必要があるエネルギー的なブロックそのものなのです。

私は、大勢の人が日本で暗黙の了解的に従っているいわゆる「マナー」も、自分が必要ないと考えればやりません。

最初は行動を起こす(世間一般のマナーに従わない)たびに居心地の悪さを覚えていましたが、その感情を感じ切って昇華し尽くした後は何も感じず自然体で自分らしくいることができるようになりました。

行動して、浮上してきたブロックを感じ切ることで昇華する。これがプロセスです。

世間や他人は関係ない、自分がどういう価値観でどういう生き方をしたいのかに従って生きる。それが個性化です。

違いを違いとして受け入れる

自分と相手が違うことは悪いことではなくて自然なことです。同じ人間などは一人もいないのだから。違いを違いとして受け入れることができなければ、いつまで経っても独り立ちなどはできません。

「相手と自分が違うと思えば距離が出来る。だけど、相手と自分の共通点に目を向ければ、仲良くなれる」と言う人たちもいます。ですがそれは、あまりにも幼い(拙い)了見です。相手と自分の違いを認められないのは、未熟だからです。相手と自分の違いを認め、相性が悪い相手とは関わらないようにできることが大人なのです。

本当の意味で自立できるためには、癒し・浄化・統合のプロセスを経る必要があります。そして、他者や相手に合わせる生き方から迎合しない生き方へシフトするのです。

個別セッションはこちら:

お問合せはこちら:

オールドソウルのための無料 E-Book はこちら:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

プロフィール

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

アーカイブ

TOP