自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

久しぶりに動画セミナーを更新しました。

動画セミナー 自分と繋がる

自分と繋がれている人ほど「繋がれない」と思っていて、逆に、繋がれていない人ほど「繋がれている」と思っているのは興味深い現象だと、常々思っています。

自分と繋がれていない人

自分と繋がれていない人は、「もっとあぁして!こうして!」と叫ぶ駄々を捏ねる自分が内面にいて、それが本当の自分やハートだと思っています。ですがそれはインナーチャイルドです。

癒し・浄化・統合が進まないうちは、自分に中にいる複数のサブパーソナリティの区別がつけられません。

自分の中には「私」という人格の他に、

  • インナーチャイルド
  • エゴ
  • プロテクター
  • 複数の過去生人格
  • 潜在意識のプログラム

などがいます。

この一つひとつと向き合って「私」との折り合いをつけていく(関係を健全化する)作業のことを「統合」と呼んでいます。

しっかりと自分と向き合い切れていない、インナーチャイルドが癒えていない人は、自分の中がまだ混沌としています。

癒しと浄化を進め、内面を統合していくことが先決です。サポートが必要な方は個別セッションにて対応しています。

自分と繋がれている人

逆に、本当の自分と繋がれている人は内面の複数人格の区別がつかないことは同じですが、「私(僕)は、こんな風に思っているんだけど。もっとこういう風にしたいんです。でもそれって世間的に見たらダメですよね。そこで葛藤が生じてしまって・・・」というようなお話をされます。

つまり、「自分の本音」にしっかりと気づけている。しかしそれをけん制するもう一人の自分(エゴ)がいるために葛藤が生じていて、それで苦しんでいるケースがほとんどです。

彼らの「感じ方」が正しくて、世間がおかしいのだと教えてあげると、皆さん葛藤から解放されます。

SAPのレッスン1を抽出

自分と繋がる動画セミナーは、2020年まで当方で行っていたSAP(ソウルアライメント・プログラム)のレッスン1として作成したものです。

「自分と繋がる」ことに関していただくご質問に対し、体系的かつわかりやすくスライドを使用して解説し、人間のサトルボディやチャクラ、感情・気持ち・思考の区別、複数のサブパーソナリティなどについてまとめました。

今回レッスン1だけ抽出して単発の動画セミナーとしてご提供することにしました。

動画6本(合計約100分)にPDFファイル5つ、特典としてエナジークリアリング瞑想(誘導瞑想)の音声ファイルをお付けしています。

「自分と繋がる」とはどういうことか知りたい方、また、私たち人間を構成している基本的要素について学びを深めたい方におススメです。

昨年からのコロナ禍のこともありますし、12月末までは特別価格で行きます。

セッションを受けたくても受けれない方自分と繋がることに興味がある方はどうぞご利用ください。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 子供から嫌われる親の特徴4つ

  2. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  3. 「成熟」とは

  4. 自分を愛するとは

  5. ため込むのはスピリチュアル・ヴォイド(精神的な空虚感)

保存版記事

  1. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  2. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  4. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  5. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

アーカイブ

TOP