【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

下位チャクラばかりが優位で上位チャクラが開いていない人の特徴は、とにかく唯物的であるということです。

魂や輪廻転生の存在を否定していたり、人間存在とはこの「身体」のことだと思っている。「生きること」に執着し、「死にたくない」とか「長生きしたい」と思ったりします。

話題が常に食べ物のこと、物のこと、セックスや恋愛のことばかりという特徴もあります。将来の夢や展望、政治や世界のことについては関心がありません。

逆に、上位チャクラばかりが優位で下位チャクラが機能不全な人の特徴は、地に足のつかないフワフワとしたところがあることです。

現実感に乏しく、自分の理想を追い求めて彷徨っている感じがあります。

スピリチュアル・ティーチャーやグルを行脚し、いつか「探し求めているもの」を誰かが与えてくれると信じています。

上位チャクラは宇宙と繋がるための重要なチャクラですが、それらは地球と繋がるための下位チャクラがしっかりと健全に機能していてこそ力を発揮します。

地球と繋がるとは、地にしかっかりと足をつけ、穀物や野菜や果物の恵みを享受して、身体を動かして働き、心地よい疲労の中にぐっすり眠り、人間として現実的で健全な生活を送るということです。

その上で上位チャクラが開いてくれば、自分がこの世に何のために生を受けたのか、何を表現しながら生きたいのか、自分がどう生きるべきなのか、誰に聞かなくても自分でわかるようになってきます。

上位チャクラと下位チャクラが統合されている人は、高次元世界の認識を3D世界へ降ろして実践することができます。高次元情報とは、現実生活で役に立ててこそ意味があるものなのです。


20代、30代の私は、今よりももっとスピリチュアル色が濃い人でした。高次元のことが大好きで、モルダバイトやスギライトといったキツイ石ばかり好んで身に着けていました。

アセンションのプロセスを経る中で下位チャクラの癒しと浄化に取り組み、今では地上にエネルギーを降ろすことができるようになりました。

私が持っている洞察力やインスピレーションは、クラウンチャクラとサードアイチャクラの力です。この二つが開いて機能するようになると、世界の表面的なことではなく、物事や人生の本質を見ることができるようになります。

しかし、下位チャクラが安定しないうちにこの二つばかり開発してしまうと、妄想的で不安定な人になってしまう。

やたらなチャクラ開発は危険を伴いますし、お勧めしません。

まずは下位チャクラをしっかりと浄化して癒すことに専念しましょう。

関連記事:


百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​


© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. 協調性?そんなものありませんけど、何か?

  2. アセンション症状 -エゴの一時的な死(不在状態)-

  3. 【お知らせ】「自分を愛する」プライベート・セッション導入

  4. 自分で自分を満たせるようになると、愛を与え受け取れるようになる

  5. 「愛される女性」になるために必要なこと -恋愛テクニックがうまく行かない理由-

特集記事

  1. 自分を愛するとは

  2. 女性が自己肯定感を上げるとはどういうことか

  3. 自責をやめる方法 -自責をやめられない人へ-

  4. 「声」をしっかり上げること Have Your Voice

  5. 自分のタイプを知りそれを受け入れる その1

保存版記事

  1. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  2. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  3. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  4. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  5. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

アーカイブ

TOP