自分が大幅にシフトアップしようとしているときに起こる大浄化

2022年が始まってしばらく経ちますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

過去数年間の私は、いわゆる3D世界の催事的なこととは縁のない生き方をしているので、年が終わろうが明けようが、あまり何も感じない生活です。

宇宙的に見ると、太陽暦で年が明けようが月陰暦で年が明けようが、エネルギー的には大して変化がありません。ただ、人間として世俗に生きていると、区切りを設けて気持ちの切り替えをしたいと思うのかなと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、昨年の11月頃よりずっと「2022年は大幅にすべてがシフトアップする」と感じてきました。これはあくまでも「私」に関することで、読者の皆さんもそうかと聞かれればわかりません。

人それぞれタイミングがあるし、今いるステージや段階に応じて変化がないままだったり、あるいは人生最大の変化を経験されることもあるかと思います。

で、只今私は「絶賛大浄化発生中」です(笑)。

ここまでのレベルでの大浄化は過去1年くらいは記憶にないです(汗)。

大浄化とはいわゆる潜在意識のブロックの浄化だったり、魂の傷の癒しだったり、とにかくモロモロの浄化・癒し作業が発生中ということです。

ブログを通してずっと書いてきた通り、癒しや浄化は一重に日常生活における出来事を通してもたらされます。

自分の内面が大きく刺激されて感情的なアップダウンを経験することが起こったり、予期せぬトラブルに巻き込まれたり、うまく行っていた仕事やプロジェクトが突如として暗礁に乗り上げたり。

そんなことが起こり始めたら、それは「大浄化」であり、吉兆です。

つまり、これから数か月ないし数年かけて自分のエネルギーが大幅にシフトアップする前兆で、次のレベルに上がるのに妨げとなっている思い込みや偏見を手放したり魂の傷を癒したりする機会が与えられるわけです。

ここで丁寧に自分と向き合って癒しと浄化を進めることができれば、外の世界に目に見える変化が表れ始めます。

外側の世界で起こっていることは、自分の内面世界のダイレクトな反映だからです。

わかりやすいように少しだけ例を出しておくと、「もっといい部屋に住みたい」と思いつつも、なかなかそれが実現しない人は割といらっしゃいます。

希望通りの部屋が見つかっても何かしらの問題が発生して話がダメになってしまったり、横やりが入って引っ越しを諦めざるを得ない状況になったり、というようなことです。

話を聞くと「諦めざるを得ない」もっともらしい理由があったりするのですが(仕事をリストラされたとか親が突然病気になったとか)、潜在意識を深く掘り下げていくと、そこには「良い部屋」に住むことに対する罪悪感や後ろめたさが隠れていたり、「自分には分不相応だ」などという思い込みが隠れていたりすることがあります。

つまり、そのブロックが外の世界に横やりや問題として具現化し、結果「良い部屋に住めない状況」を創り出しているわけです。なぜならそれが潜在意識で望んでいることだから。

表層意識では「良い部屋に住みたい」と思いつつも、なぜだかそれが実現しない。そういうときは自分と向き合ういい機会なのです。

自分の中に一体どんなブロックや思い込みが入っているのか、深く掘り下げて精査していく作業が必要です。

これは何にでも言えることで、幼少期に自分の本当の気持ちを抑圧してしまったがために、「本当に欲しいもの」が手に入らないということは本当によくあることなのです。

それは私たちが何か悪いことをしたからではなく、子供の頃に求めても与えられなかったときの心の痛みが大きすぎて傷つくことが怖くなってしまったり、欲しいものを求めることは「わがまま」であると親から言われたりしたことが関係しています。

インナーチャイルドの傷を癒しつつ;

  • 自分は本当は何を求めているのか?
  • それを求めることは良いことだと思っているか?
  • 自分はそれを受け取るに値する存在であると思っているか?
  • 自分はそれを手に入れられると信じているか?

この辺りのワークを進めていくことで、癒しと浄化を進めていくことができます。望みの実現の妨げになっているブロックが解消したり、心の傷や痛みが癒されて、表層意識と潜在意識が統合されれば、望みが実現します。

個別セッションではこのあたりのワークやサポートを個別に行っていますので、興味がある方はご利用ください。

何度も書いていることですが、癒しや浄化は決して一直線のプロセスではありません。そうではなく、玉ねぎの薄皮を何枚も根気よく剝がしていくようなプロセスですし、らせん状に渦を巻きながら上昇していく流れです。

これからしばらくは(私は)少しシンドイかもしれませんが、久しぶりの大浄化に取り組むつもりでいます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 女性が自己肯定感を上げるとはどういうことか

  2. 「疑うこと(恐れ)」は簡単 「信じること(愛)」ことは簡単ではない

  3. 同じパターンを繰り返すのは「本音」が抑圧されていて波動が固定化しているから

  4. 1月11日 新しいステージへ

  5. 「真心」を伝える自分と相手を大切にするコミュニケーション

特集記事

  1. 自分を愛するとは

  2. オールドソウルが取り組む「個性化」とは その1

  3. 自分で自分を守れる力

  4. 「自分は一体何者であるか」を知るために

  5. 欲しいものを求める力を鍛える その2

保存版記事

  1. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  4. 【保存版】社会に適応する必要はない

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

アーカイブ

TOP