相手を大人として扱う

日本文化の中には、健全な父性(男性性)の欠如に根差した幼児性があります。

日本人に父性が欠けていることは、多くの知識人・文化人が昔より指摘してきましたので、今更私が書くまでもないと思います。

この記事では、「相手を大人として扱うこと」というテーマで、日本文化に体現されてしまっている幼児性と、それに対する唯一のレメディである健全な父性について解説します。

関連記事:

幼児性と未熟さの発露

わかりやすいように架空の例を出して解説していきます。

ファーストフード店のレジで勧められるままに大量のジャンクフードを食べ続けた結果、健康を害すまでに至ったという人がいるとします。

このことに怒りを感じた客は、「自分の健康が損なわれたのはファーストフード店で毎日要らない商品を勧められたから」とクレームをつけた。店側はこうしたクレームが二度と起こらないように、商品を勧める際に、「食べすぎはあなたの健康を損なう可能性があります」と一言付け足すように「改善した」。

健全な感覚を持った人であれば、この話のおかしさに気づくでしょう。

健全な父性の発露

この場合、健全な父性を持った店であればどのような対応になったでしょうか。

まずはクレームが入った時点で、きっぱりとした態度で「そのようなクレームをつけてもらっては困ります」と言い渡すことでしょう。

それが内面が成熟した人の態度なのです。

一流のレストランやホテルの支配人の立ち居振る舞いを見ていればそれはわかります。無理難題や理不尽なクレームを入れてくる客に対し、毅然とした態度で「お客様、困ります」と言えるのが、健全な父性の在り方なのです。

ダメなものはダメ

いくらお金を払っているからと言っても、何でもわがままが通ると思ってもらっては困りますよ、と言えるか言えないかなのです。

日本文化には「客の方が立場が上」という価値観があるために、店側は客側に対して「失礼のないよう」に対応するけれども、「客側は店側に対して失礼でも横暴でも平気で行う」という理不尽がまかり通っています。それを許してしまう「甘さ」が文化の中にあるのです。父性の欠如はこうしたところに表れているのです。

日本以外の場所ではサービス提供側と客側は基本的に対等で、日本人からしてみれば、「海外の接客はなってない!」ということなのでしょうけど、相手からしてみれば「日本人客は失礼で無礼だ」以外の何物でもないのです。日本のように、客の横暴や無礼を許してくれる文化ではないからです。

相手を大人として扱うこと

相手を「大人として扱う」とは、相手に対して「この店で食事をするかしないかは、あなたが自由に決めることです」と、責任の所在を明らかにし、相手の責任は相手へきっちり返すことです。そして、理不尽なクレームに対しては毅然とした態度で処すること。

それが相手を大人として扱うということなのです。

「食べすぎはあなたの健康を損なう可能性があります」と一言付け足すように「改善」するやり方は、未熟な相手に迎合するすることなのです。

相手を見くびる

もう一つだけ例を出しておきます。

多くの方は無意識かもしれませんが、過度の遜り気遣い相手に対して「申し訳ない」という態度で接することは、相手に対する見くびりです。

なぜなら、「この相手は今から自分が言おうとすることを受け止められないだろう」という「相手は自分よりも下」前提のコミュニケーションだからです。

もしも相手を一人前に見ているのであれば、「この人ならちゃんと話せばきっと受け止められる」という信頼に基づいたコミュニケーションになるはずです。

多くの人が過度の気遣いや遜り、申し訳なさそうな態度に対して嫌悪感を抱くのは、無意識のうちに相手の中にある傲慢さ(目の前の相手を見くびっている)を感じ取っているからです。こう感じる人は、健全な自尊心と内面の成熟さがある人です。つまり、内面が大人な人。

本当の意味での「愛」のコミュニケーションとは、相手を未熟な子供として扱うことではありません。「私はあなたの人間としての力を信じていますよ」という気持ち(愛)に基づき「相手を大人として扱う」コミュニケーションのことです。

© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

関連記事

  1. 相手と自分 双方を尊重したコミュニケーションとは

  2. 操作的なコミュニケーション

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

保存版記事

特集記事

  1. 自責をやめられない人が自責をやめる方法

過去ログ