「縁を切る」ことは愛である理由

皆さんは、誰かとの縁を切ったこと、または切られたことがおありでしょうか?

誰しも生きていれば、それなりにそのような出来事は経験してくるものです。かく言う私も、誰かとの縁を切ったことも、また切られたこともあります。

過去数年自分の心の動きと真剣に向き合ってきた結果、私は「縁を切る」という行為がどうにも「愛に根差した」行為であるように思えてならなくなってきたのです。

というか、本当にそうだと思っています。

この記事では、「縁を切る」という行為がなぜ愛なのかについて、書いていきたいと思います。

この記事は無料メルマガ会員用です。会員登録ご希望の方は以下のボタンを押して登録手続きをなさってください。すでに会員の方はパスワードを入力してお進みください。

関連記事

  1. 相手と自分 双方を尊重したコミュニケーション その1

  2. 相手と自分 双方を尊重したコミュニケーション その2

  3. 人間関係が健全かどうか見極める指針

  4. 物事は一方向にしか進まない

  5. 操作的なコミュニケーションを見抜く

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

特集記事

保存版記事