【雑記】マニフェステーションのステージ

本日は月陰暦の元旦です。長年香港で暮らしていた私は、太陽暦の正月よりも月陰暦の正月の方がピンとくるのです。

二日前に札幌市内で新しい家に引っ越し、人間関係もまったく新しいものに刷新されました。2020年の10月に札幌に来て以来、最大の変化です。

新しい家では何もかもがご機嫌で気分が良いですし、最近思いもかけずに授かったご縁と人間関係は私にとって極めて穏やかで平和な気持ちを味あわせてくれるもので、心底ホッとしています。

今まで自分が「こうしたい」と思っていたことがすべてトントン拍子に実現していく様を目の当たりにするのは純粋に幸福感があります。今までの自分とは一段も二段も成長した新しい自分になった気分です。

しばらく前から私のブログをフォローしてくださっている方はすでにご存じかもしれませんが、昨年の11月より1111や222などのエンジェルナンバーを連日目撃し続け、近いうちにとても大きな人生の変化がやってくる予感がヒシヒシとありました。

怒涛の12月を経て、大きな炙り出しや浄化を潜り抜け、1月末には生まれ変わったような自分になれたということです。

成長は心地良いことばかりではありません。

自分が変わるとき、環境が変わるとき、変化を通過するときには痛みを感じる出来事がおこったり、まったく未知の世界へ行くことに関する心地悪さを感じたり、自分のスケールが上がることに対する恐れや不安が出てきたりするものです。

いうなれば飛行機が高度を上げるのに少しばかり気圧の変化や心地悪さを感じるようなものです。

人生の中で何度かそのような変化を経験してきましたが、今はハッキリと明晰な意識でその変化を楽しんでいる自分がいます。

今になってしかとした実感としてわかるのは、コツコツと癒しと浄化に取り組んでいけば、やがて潜在意識は浄化されてブロックが減り、心の底から幸せを実感できるすべてをマニフェスト(具現化)できるステージへ到達するこということです。

本来私たち人間は一人ひとり全員が創造主です。自分が幸せに生きるための創造力を持ち合わせているのです。しかし様々なブロックや思考の歪みが原因で、その力が抑圧されてしまっている。

自分を整える期間を経ることで、本来の潜在能力を開花させ、望む現実を具現化する力が解き放たれていくのです。

私の仕事は皆さんがその力を解放できるようになるために、必要なワークをサポートしたり、相談に乗ったり必要に応じて助言したりすることです。

本来の人間の在り様はもっと自由で解放的で創造的であることを日本の多くの方に知って欲しいし、そういう生き方を実現して欲しいと願っています。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 潜在意識の浄化は筋トレと同じ

  2. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

  3. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  4. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  5. ライトワーカー7つの特徴

保存版記事

  1. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  2. 【保存版】下位チャクラと上位チャクラの統合

  3. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  4. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  5. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

アーカイブ

TOP