1月に私に起こった大変化

怒涛のように慌ただしく忙しい2月を過ごしていましたが、今日は少しく体調を崩して久しぶりに休養しています。

自分は無理してないつもりでも、相当無理していたんだなぁと思う次第です。

先月書いたブログ記事を読み返していました。

1月6日付で下の記事を書いています。

そして1月11日には下の記事を書いている。

私は生活で起こった出来事についてはスケジュール帳に記録としてつけているので、いつ何が起こったのか後から振り返って俯瞰できます。

1月6日あたりには感情が刺激されるような出来事が沢山起こっていて、癒しのワークに時間を割いていました。

その結果として、これから5日後にある決断をするんですよね。

その決断とは、それまで親しく関わっていた人とキッパリと別れることです。

私はその人のことが好きだったので、なかなか踏ん切りをつけられませんでしたが、ある出来事をきっかけとして「心を鬼にして」でもキッパリしなければいけないと実行したのが1月12日のことです。

その時にはそれが「自分にとって正しい決断」であることはわかってはいたものの、気持ちがついていかずにツラく感じていました。

ところが・・・それから4日後の16日に私は別なある人と出会うことになります。まったく予期せぬ出会いでしたが、2月17日現在、私はこの人とパートナーとしてお付き合いをしています。

今から振り返ってみれば、12日に別れを実行していなければその4日後にこの出会いは無かったわけで(あったとしても気づけなかった)、12日に別れを実行したことで私の波動が大きく変化し、16日に本当に合うパートナーとの出会いが訪れたことがわかります。

それを直感的に認識したのは、1月23日に二人でコンビニに行ったときです。

「まだ「付き合っている」実感が湧かないなぁ」と思いながらレジでお金を払う彼の後ろ姿を眺めていたところ、レジに1,111円が表示されたのを見たのです。

自分に合わない(不要な)何かを手放すことによって、そして自分に本当に合うものを真摯に求めることによって、自分と向き合うことによって、宇宙は自分に必要なもの(求めるもの)をもたらす。

というよりも、その時の自分の波動に一致したものをもたらすのです。

大雪に見舞われた2月の札幌

自分が幸せになる生き方をしたいのであれば、自分と向き合うより他方法がありません。相手や他者に意識を向けるのではなく、常に「自分自身と向き合う」こと。

宇宙はこの世のすべてを通して自分にメッセージを送っている。今自分が知る必要があること、取り組む必要がある課題は、自分の周りを見れば明らかです。

そこから逃げずに自分と向き合い、自分に害を及ぼすものは勇気を持って手放し、自分を信じて前へ進んでいきさえすれば、必ず幸せを実感する生き方ができるようになります。

私自身の経験から断言できます。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. 幸せの尺度

  2. 幼児的願望(愛情飢餓)を癒して自分を満たす方法

  3. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  4. 自分らしく収入を得て生きられるようになる方法

  5. 失敗は人生の必須項目

保存版記事

  1. 【保存版】癒しの原理

  2. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  3. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  4. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  5. 【保存版】アセンション・スピリチュアルな用語集

アーカイブ

TOP