「他者を自分の思い通りに変えようとしてはならない」ことをしっかり認識する

20数年に渡る海外生活を終えて久しぶりに日本に戻って来て以来、「日本特有」と感じる数々の性質を目の当たりにしてきました。

その一つに、日本の人たちは自分以外の他者を自分好みに変えようとする、変えてもいいと思っていることがあります。

あるいは、自分以外の他者を自分の思い通りに動かしたいと思う、そしてそれを実行しても良いと思いっている節があると感じています。

比べて私が長く暮らした香港やアメリカや北ヨーロッパ各国では個人主義が浸透していて、相手の領域を侵害しない、相手に自分の領域を侵害させない境界線の概念がしっかりとある人たちが多いと感じています。

日本では、恋人として親しく付き合う場合のみならず、親子関係、友人関係、はてには個人と雇い主との間でも、そのような行為が「当たり前」のように行われています。

個人と雇い主の間で「教育」とか「研修」という名目で行われ、個人の価値観に関わることまで企業側が従業員側に干渉しているケースが後を絶ちません。

しかし、日本文化の中ではそれが本来「してはならないこと」であるという意識が極めて希薄です。

関連記事:

自分以外の人間を変えられる・変えてもいいと思うのは、明らかなエゴであり越権行為であるという認識をもっとハッキリと持った方がいいし、それに関する啓もう活動がもっと必要だと感じています。

親が子供の性格や人格を否定して自分の思い通りに変えようとすることは、日々の生活の中で日常的に行われています。

  • 子供の好き嫌いを認めず矯正しようとする
  • 子供の性格(内気やシャイ、人見知りなど)を「良くない」と断定して矯正しようとする
  • 子供を他の子と比較してダメ出しして改善させようとする
  • 親の思い通りに動かない子供を「わがまま」と言う
  • 正直な気持ちを話す子供を「わがまま」と言う

このように育てられた子供(たち)は、自然と同じことを他者に対しても行うように成長していきます。

恋人間で行われる場合には、相手の行動や意志に口出ししたり干渉したり、もっとひどいケースでは「あぁしろ」「こうしろ」と支配したりコントロールしたりします。

相手が自分の思い通りにならないから様々な無意識の言動を繰り出しては、相手を思い通りに操作しようとすることもあります。

本人には自覚がありませんが、自分の思い通りに動いてくれない相手に懲罰感情を抱いたり、相手を責めたくなったり、実際に責めたりします。

これをされた相手は重苦しく感じ、恋愛感情が冷めたり気持ちが離れたりします。

関係を良好に保つための基礎

親子・友人・恋人などの個人同士の関係でも、または個人と雇用主や企業との関係でも、「関係における個人の尊重」の基礎はまったく一緒です。

  • ありのままの自分、ありのままの相手を変えようとしない
  • 相手と自分の合う部分だけで折り合うか
  • 相手と自分の合わない部分を受け入れるか
  • 受け入れられなければ別れる(付き合わない選択をする)

基本的なことですが、今目の前にいる相手を変えようとしてはならないことが鉄則です。

今時点で相手の中に「受け入れられない」と感じる要素がある場合、「相性が悪い」ことをしっかりと認識して離れることが大切です。相性の良し悪しは「努力」でなんとかできることではないことを理解しなくてはなりません。

例えば、アウトドアが大好きで休みの度にキャンプへ行きたい人と、出不精で休みの日は家でまったり過ごしたい人とでは余暇の過ごし方がまるで違います。どちらかが相手に合わせない限り一緒には過ごせないわけで、無理が続けばストレスが溜まってしまうでしょう。

この場合は相性の悪さを受け入れて、お互いの違いが問題にならない距離感で付き合うか、それも無理なら付き合わない選択をするしかありません。

この歴然たる事実を受け入れられるようになることが、すなわち成長なのです。

自分自身がしっかり自立できていない人は、一人になるのが怖くて合わない相手にしがみ付いてしまいます。

個人と雇い主の関係も同じです。合わない職場だとわかっていつつもいつまでもズルズルと辞められないのは自分が相手に依存しているから。

相手と健全で対等な関係を築きたいのであれば、自分が自立できていることが最低条件なのです。

百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【お知らせ】メタフィジカル・スクール モニター募集

  2. 【雑記】孤独を厭わないことの本当の意味 -私の場合-

  3. 人として成長したいならすべてを自分で決めること

  4. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足させる仕事とは何か-

  5. 「共感」とは「共にあって感じる」こと

特集記事

  1. オールドソウル 迎合しない生き方が個性を開く

  2. 日本人が気づかない罠 -仕事ができない部下をどう教育したらいいですか?

  3. オールドソウルがストレスを軽減するために

  4. ものごとの辞めどき・潮どきを見極める

  5. 女性が自己肯定感を上げるとはどういうことか

保存版記事

  1. 【保存版】社会に適応する必要はない

  2. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  3. 【保存版】カルマを解消する方法

  4. 【保存版】自分の人生の責任を負う

  5. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

アーカイブ

TOP