癒しのワークや内観作業はいつまで続けるべき?

魂の癒しの作業や内観に取り組んでいらっしゃる方の中には、一体いつまでこの作業を続けなくてはならないのかと思っている方もいらっしゃるかと思います。

私自身、いずれそうしたワークを終了し、もう取り組まなくても済む日が来るのだろうと思っていた時期があります。

ですが今の私は、魂の癒しや内観作業は、食事や睡眠と同じように、人間が生きていく上で必要不可欠で毎日行うべきものであると認識しています。

例えば、今日一生分の食べ物を食べたから明日からもう食事をしなくてもいいとか、今日一生分睡眠をとったので明日から寝なくていいということはないですよね。その時その時で、お腹が空けば食べ物を食べ、疲れたり眠くなったりすれば眠る。

お腹がいっぱいのときに食事はできないし、眠くない、疲れていないときに眠ることもできない

癒しや内観もそれと同じです。

それらは人間が生きている限り、来る日も来る日もまた新たに行う必要がある作業なのです。

私たち人間が転生してくる第一義的な目的は進化・拡大です。

このことをもっとしっかり認識できたらよいのですが、通常の人間の意識ではそこまで認識できないわけです。

なので、社会的に成功することや安定すること、「正しく」「まもとに」生きることばかりに意識が向かってしまい、本質的なことはまるで無視されてしまう。

私たち人間は本来的には「自分らしく生きる」ために生まれてきます。自分らしく生きられるようになるためには癒しは必要不可欠な作業ですし、見失ってしまった本当の自分を取り戻すために、内観作業を続ける必要があります。

それは一生続いていくものだと、私は認識しています。

毎日時間を取って自分と向き合えという意味ではないんです。

そうではなく、日々の生活の中で一つだけでなく多くの視点を持ったり、日々数々の選択を意識的に行ったり、誰かや何かに対して大きく自分が大きく反応するときは、自分の中のトラウマを感じてインナーチャイルドの気持ちに寄り添ったりすることを指すのです。

瞬間瞬間の意識的な在り方を断続的に続けていくこと、意識的に生きること、月に一度は時間をとってゆっくりと自分と向き合うこと。それはこれからさき死ぬまで続けることだと私は思っています。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近の記事

  1. ホメオスタシス(現状維持)の例と乗り越え方

  2. 制限やブロックを炙りだし解除するワーク

  3. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  4. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  5. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

特集記事

  1. オールドソウルはアドバイスを求める相手を選べ

  2. 「断られる」ことに慣れる

  3. 「日本人は英語ができない」は本当か

  4. 本当の意味での楽観主義とは「根拠のない自信」

  5. 自分らしく生きるために必要なマイ・スタンダード

保存版記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  3. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  4. 【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

  5. 【保存版】願いが叶う前兆 ー潜在意識の綱引き現象-安全圏を理解する

アーカイブ

TOP