アセンション症状 -圧倒的な孤独を感じる-

「アセンション症状って一体いつまで続くの?」と不安になっていらっしゃる方のために書いておきますが、私の体調は2014年~2018年が絶不調で、2019年頃より徐々に良くなり2021年の今ではすっかり症状は出なくなりました。今まで生きてきた中で一番体調が良いです。数年前まで原因不明の眩暈や吐き気、その他の症状に苦しんでいた人とは思えないほどです。

症状が出ている数年間はツラいですが、自分の課題にちゃんと取り組んで前へ進んでいけばいずれ収束します。その後は、体調がとても良くなりますからしばしの辛抱です。

アセンションのプロセスを進む中で一番大切なことは、「何かおかしいのではないか」と思いつめて自分を追い込まないことです。

関連記事:

圧倒的な孤独を感じる

意識が上昇し、3D世界から5D世界へと移行する際に感じられる孤独感です。この孤独感を味わいつくし、「孤独であることに耐えられる人」だけが、「自分自身である自由」を手に入れることが出来ます。

孤独は決して悪いものでも忌み嫌うものでもありません。ここでは、「孤独を愛する」ことができるようになることが目的です。

孤独感を感じても平気な自分になることです。

孤独を感じることはこの世の常であることを受け入れるということでもあります。

必要であれば経験者に相談したり話を聞いたりして、少しでも心が安らげる方法を見つけましょう。

孤独を感じるメカニズムを知る

もともと人生とは孤独なものです。なぜなら私たち人間は基本的に誰しも一人だから。

普段は家族や社会といった人間関係の中に埋没しているために、この真理から遠ざかっているだけです。言ってみれば幻想の中に生きているのです。

しかし、誰しも人生のどこかで数度くらいは圧倒的な孤独感に苛まれる瞬間があるでしょう。

アセンションのプロセスではそうした瞬間が多くあります。

自分の人生と向き合うとき人間は常に孤独です。その真理を受け入れ、自分の中に孤独感を内包したままありのままの人生を受け入れられるようになることがここでの課題です。

具体的な対策:

  • スピリチュアル・コンサルテーションを受ける
  • 経験者に話を聞く
  • オンライン・フォーラムなどに参加して仲間と経験をシェアする

あなた自身の波動が上がろうとする中で、それよりも低いところで繋がっている関係は必然的に解消へと向かいます。

癒しと浄化が進むにつれて健全な自己愛と自尊心が育まれていくつにつれ、自分の価値に見合わないような人間関係はもはや持てなくなります。

一人では取り組むのが難しいという方は「アセンション・メンターシップ」へいらしてください。

関連記事:

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 【お知らせ】「アフターセッション」の位置づけ -正規セッションの代替ではありません-

  2. 誰もが嘘をついている 違いはその自覚があるかないか

  3. 「自分がある」人とは

  4. 真似するのは外見やスタイルではなくて「生きる姿勢」

  5. 「親に逆らえない」「わがまま」「背く」という「支配者用語」に気を付ける

特集記事

  1. あげまん v.s. さげまん

  2. 内面の分裂が回答に表れる

  3. 個の時代における「繋がり」の意味の変化

  4. 癒しのステージ

  5. 自分らしく生きるための唯一のレシピ

保存版記事

  1. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  2. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  3. 【保存版】癒しの原理

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける意識レベルのシフト各ステージ

  5. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

アーカイブ

TOP