エネルギー(気)の流れ

私たちが暮らしている空間には、目で見て触れられる物質の他に、私(たち)がエネルギーと呼んでいるものが存在しています。

人によってはそれを「気」と呼んだりするわけですが、何もそれはスピリチュアルに傾倒していなくても自然と感じられるものです。

私たちの生活の中で一番身近にあるエネルギー(気)と言えば電気です。電気は目で見て触れることはできなくても確実に存在していて、電気の存在なくして人間はもはや生きていくことができません。

それほどエネルギーとは生物の存続に欠かせない存在なのです。

場所によるエネルギー(気)の流れの違い

私は今年(2022年)の1月の終わりに市内で引っ越しをしました。

2020年10月に初めて札幌へ来たときにわけもわからずとある区に住むこととなり、「なかなかいい場所だなぁ」と感じていました。

しかし2021年の半ば頃より「なんとなく合わない」と感じるようになりました。2021年の12月に契約途中ではあったもののついに新たな住処を求めて探求を始め、不動産屋で二件目に内覧した物件を直感的に決めてしまいました。

それまで1年と2か月を過ごした旧い家では冬になると観葉植物の生長が止まっていました。札幌の冬は厳しいですし、それが当たり前のことだと思いあまり気に留めていませんでした。

ところが、真冬の最中、札幌に災害レベルの大雪が連日降り積もる中の引っ越しだったにも関わらず、引っ越した直後から部屋にある観葉植物たちがメキメキと生長し始めたのです。

日を追うごとに新葉が芽吹き、2週間もしたら鉢分けするほどに大きくなってしまいました。それも酷寒の2月の半ば頃にです。

これを目撃するに至って「新しい家のエネルギー(気)の流れが良い」ことを如実に感じ始めました。もう少しわかりやすく言えば家の「生命力が強い」のです。

旧い家は日当たりが良くなくあまり生命力を感じない場所に建っていました。それに比べて新しい家は人もビジネスも大きく流れている場所に立地しています。それだけにエネルギーの流れが良く(滞りがない)、生命力が強いのだと思います。

流れが変わったことが身体に及ぼした影響

エネルギー(気)は目には見えないものですが、私たちの存在に確実に影響を与えています

植物がこれだけ元気になって生命力を示し始めたからには、人間にも同じ影響があると考えるのが妥当だと私は考えています。

しかし過去数年間に渡りアセンションのプロセスを通過して弱っていた私の身体(物質体)は、このエネルギーのシフトアップに際し大きな負荷を強いられ、様々な不具合を呈しました

1月の末から2月にかけて体内の炎症や様々な不具合を発症していましたが、3月に入って本格的な風邪をひき込んでしまい、ほぼ3週間寝込んでいました。

4月になりようやく少しずつ調子を取り戻したところですが、私の肉体はそれだけ強烈なエネルギーのシフトを通過したということです。

自分に合うエネルギーの場所へ行く

私という人はつくづく「都会派」だと思うのです。

生まれ育ちは長野の片田舎ですが、私が故郷以外で一番長い時間を過ごしたのは東京をしのぐ大都会香港でした。

香港でも7年間は比較的穏やかな地区に暮らしていましたが、その後8年間は銅鑼湾という香港の繁華街のど真ん中に住んでいました。知人に銅鑼湾に住んでいると言うと驚かれましたが、私はそういう場所の方が生き生きと感じるタイプの人間だと今ならわかるのです。

今回札幌市内で比較的都会の地区へ引っ越したことも、本来的に私という人が持っているエネルギーに近い場所へ戻ったという感覚です。

自分はどういうエネルギーを持った人なのか知りたい時は、どんな場所に住みたいと思うか、どういう場所を思い浮かべたときに一番自分らしいか、どこにある家を内覧したときに一番しっくりと来るかを探ってみてください。

頭でアレコレ考えず、フィーリングで直感的に「あ、コレ!」と感じる場所がその時の自分のエネルギーに一番合っている場所です。

百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【お知らせ】メタフィジカル・スクール モニター募集

  2. 【雑記】孤独を厭わないことの本当の意味 -私の場合-

  3. 人として成長したいならすべてを自分で決めること

  4. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足させる仕事とは何か-

  5. 「共感」とは「共にあって感じる」こと

特集記事

  1. 自分らしく生きるための唯一のレシピ

  2. 自分らしく収入を得て生きられるようになる方法

  3. 内面の成熟度と社会の成熟度の関係

  4. ライトワーカー7つの特徴

  5. 失敗は人生の必須項目

保存版記事

  1. 【保存版】「癒しの旅路」5つのステージ

  2. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  3. 【保存版】社会に適応する必要はない

  4. 【保存版】アセンションのプロセスにおける食生活の変化

  5. 【保存版】「ありのままを受け入れること」と「甘え」の違い

アーカイブ

TOP