本当の自分を生きている人の顔

ネットで見かけた動画をシェアします。

内容は、2018年まで沖縄の無人島に一人で全裸生活を送っていた長崎さんという男性が、2018年に日本政府によって強制的に文明社会に連れ戻されて病院に収監されたことです。

私がこの動画をシェアしたいと思った理由は、動画に出てくる長崎さんの「顔(表情)」を皆さんに見て欲しかったから。

長崎さんはかつては結婚もしてお子さんもいらっしゃったようですが、いつ頃からか沖縄の無人島で暮らすようになったそうです。理由は「環境汚染に嫌気がさしたから」。

島にいるときの長崎さんの純粋な笑顔は、長崎さんが「本当の自分」を生きられていることを物語っています。

ですが、街中を服を着て歩いている時の長崎さんの悲しそうな顔と言ったら、見ているこちらが泣きそうになってしまいそうなほどの悲壮感。

長崎さんにとって、大好きな島を離れて文明社会の中で暮らさなければならないことは、死ぬことよりもツライに違いないと思います。

彼の顔がすべてを物語っている。

政府はなぜ彼を文明社会に連れ戻したのだろう?

長崎さんは高齢で、島での一人暮らしには耐えられないというのが理由だそうだけれど、島で破顔の笑顔で最後まで生きてある日死ぬのと、文明社会の病院に閉じ込められて死ぬよりも悲しい顔で生きて死ぬのと、どっちが本人にとって幸せなんだろう。

そんなことを考えるわけです。

その人の幸せは、その人にしかわかりません。

そして不幸なことに、文明社会の中に暮らす私たちの8割以上は、自分の幸せが何なのか、死ぬまでわからまいままなのです。


百瀬 章子 

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り海外5か国に暮し働きながら、心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートを行っている。​


© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は百瀬章子が所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

1973年長野県生まれ。約20年に渡り5か国に暮らしながら心理学、形而上学、精神世界を学び実践してきた。2018年に自身の経験をシェアしたブログを開設。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たち、自分らしく生きたいオールドソウルたちの個性化のプロセスをサポートしている。

お薦めの本

自分らしい人生を創りたい方向け、創造プロセスの手順・姿勢・精神についてわかりやすく解説された良書。

自分をしっかり受け入れて折り合いをつけたい人におススメ。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 境界線を引くことを覚え「上下意識」を手放す

  2. 「家族」に関する誤解と思い込みを手放す

  3. 共依存は女性性の傷 ナルシシズムは男性性の傷

  4. あげまん v.s. さげまん

  5. 男と女はまるで別の生き物

特集記事

  1. 失敗は人生の必須項目

  2. 憧れの人 -私たちは皆つながっている-

  3. 「過去を癒す」は5次元以上の現象

  4. 自分と「繋がれている」と思っている人ほど繋がれていない

  5. オールドソウルがストレスを軽減するために

保存版記事

  1. 【保存版】「自我」と「エゴ」の違い

  2. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  3. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  4. 【保存版】社会に適応する必要はない

  5. 【保存版】自分の人生の責任を負う

アーカイブ

TOP