男性性と女性性の統合

「男性性と女性性の統合」について知る必要のあるすべてを E-Book にまとめました。ご自分の陰陽バランスを知るための質問票と陰陽対比表付き。

ボタンを一回押すと「カート」に入り、二回押すと「購入手続き」へ進みます。お支払いで問題がある場合はご連絡ください

or

本商品は電子書籍です。お支払い確定後にダウンロードしていただくことができます。ダウンロードは2回まで可能です。

「男性性と女性性の統合 -陰陽バランスの統合-」E-Book

「男性性と女性性」(陰陽エネルギー)についてわかりやすく解説し、体系的にまとめた E-Book です。プリントアウトしやすいページ数(18P)

【コンテンツ】

PDFファイル A4 計20頁(表紙および目次含む)

  1. 女性性(陰)
  2. 男性性(陽)
  3. 男性性と女性性の統合とは
  4. 傷ついたエネルギーの癒し
  5. 父性と母性
  6. 女性性主体で生きるとうまく行く
  7. 縦のラインと横のライン
  8. 自分の中の女性性と男性性の割合を知る
  9. 自分の陰陽バランスを知る質問
  10. 陰陽対比表

こんな方におススメ

  • 「男性性」「女性性」「統合」という言葉の意味すらもよくわからない
  • 男らしさと女らしさについて知りたい
  • 自分をよりよく理解したい
  • 「統合」とは具体的には何をするのか知りたい
  • 自分の陰陽バランス(自分はどんなタイプか)を知りたい
  • よりよいパートナー関係を持ちたい

【一部抜粋】

自分の中にある男性的な要素と女性的な要素を、自分にとって丁度良いバランスで体現できるようになることを「男性性と女性性の統合」を呼びます。各要素のマイナスの側面よりもプラスの側面を体現できることが必要です。

(抜粋終わり)

お客様のご感想

「男性性と女性性の統合」とよく目にしましたが、どういう意味なのかイマイチわかりませんでした。そこでキーワード検索でたどり着いたのがこの E-Book です。私が知りたいと思っていたことがわかりやすく書かれていてとても参考になりました。陰陽対比表がついていたので、何が陰で何が陽なのか初めて理解することができて感激しました。

(北海道地区 K.T. さま)

価格

800円(税込み)

著者について

アセンション・メンター 百瀨 章子

1973年長野県生まれ。20年以上に渡り心理学、宗教学、人智学、形而上学(メタフィジカル)などを学び実践してきた経験を持つ。現在は国内外のアセンションのプロセスにある人たちの覚醒の支援・サポートや、オールドソウルたちの自己実現をサポートをしている。

プロフィール詳細

免責事項

  • 価格は事前告知なしに変更することがあります。
  • コンテンツは事前告知なしに改良・修正を加えることがあります。
  • 商品は事前告知なしに取り下げることがあります。
  • 効果には個人差があります。
  • 特定の効果を確約するものではありません。

購入される前に、当サイトのサイトご利用規約および免責事項プライバシーポリシーを必ずお読みください。

ボタンを一回押すと「カート」に入り、二回押すと「購入手続き」へ進みます。お支払いで問題がある場合はご連絡ください。尚、サイトやサービスに関係のない個人的な内容(ファンメールやブログの感想等)や宣伝や営業を送ることはご遠慮ください

or

※ 本商品は電子書籍です。お支払い確定後にダウンロードしていただくことができます。ダウンロードは2回まで可能です。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近の記事

  1. ホメオスタシス(現状維持)の例と乗り越え方

  2. 制限やブロックを炙りだし解除するワーク

  3. タイムライン・パラダイムをシフトする 古い自分が出てきたら「新しい自分」を選び直すだけ

  4. 「成長・進化」しないことが許されない流れ

  5. 「正しくある」ことの狂気を描いた作品 -新月に観た映画「戦場のメリークリスマス-

特集記事

  1. オールドソウルの特徴7つ

  2. 【雑記】ひろゆき氏の番組から出演依頼が来て断った件

  3. 【保存版】感情エネルギーを昇華するプロセス

  4. 欲しいものを求める力を鍛える その2

  5. 外側に表れる自尊心と自己価値感の高さ

保存版記事

  1. 【保存版】義務感と罪悪感の正体 – あなたに義務はない

  2. 【保存版】「足るを知る」の本当の意味

  3. 【保存版】オールドソウルが取り組む個性化とは その2

  4. 【保存版】魂年齢の各ステージと個性化のプロセス

  5. 【保存版】癒しの原理

アーカイブ

TOP