支援できる原則

このページでは、当方で支援できるための4つの原則について説明します。

原則4つ

  1. クライアントの問題が私の能力で対応できる範囲内である
  2. クライアントが私の支援に対して開かれている
  3. クライアントが求めている内容が現実的に到達可能である
  4. クライアントに自分が変容するという意志と覚悟がある

クライアントの問題が私の能力で対応できる範囲内である

深刻なうつ状態や、各種人格障害(境界性人格障害や自己愛性人格障害など)、その他の精神疾患(統合失調症など)があるクライアントの場合、私は精神科医の免許を持っていませんので、適切な対応を取ることができません。過去に診断を受けておられなくても、そのような傾向が強く出ている方を受けすることはできません。​

また、身体症状に関わるアドバイスや診断などはできかねます。身体症状が出た際にはかかりつけの主治医にご相談ください。医学的所見が何も見られない場合、アセンション視点からお話をいたします。​

クライアントが私の支援に開かれている

あまり多くはありませんが、過去にこちらからの支援に心を開けない方がいらっしゃいました。負けず嫌いや競争心が強い方(未解決の劣等感や母親問題が要因)の場合、コーチと「張り合って」しまい、セッションやプログラムがスムースに進みません。​こちら側からの支援に開かれていらっしゃらない方も、お受けすることができません。

クライアントが求めている内容が現実的に到達可能である

  • 常にプレゼンスでいたい
  • かつて経験した至福体験をもう一度体験したい
  • 2カ月で問題を解決して人生を完全にシフトさせたい
  • あまりお金や手間をかけずに変容したい

​など、非現実的な希望を持ってセッションにいらっしゃるケースもお受けできません。

​「深く考えられるように変化したいです」と仰る方もいらっしゃいますが、もともとの個性を変えることはできません。別人になりたいというご要望もお受けできません。

クライアントに「自分が成長する」という覚悟がある

当方が提供しているサービスは心理カウンセリングではありません。ご自身が「成長」する意志があることを前提とした支援関係です。依存心の強さが問題となって苦しみが生じているケースでは、「依存心を克服して乗り越える必要がある」という自覚が必要不可欠です。

現状維持を望む気持ちが強くご自分を変える意志をお持ちでない方は、お受けできません。また、ご自身で努力する覚悟がなく、「セッションさえ受ければなんとかしてもらえるだろう」という受け身の姿勢でいらっしゃる方もお受けできません。​

  • 共感してもらいたいだけ
  • 気持ちをわかって欲しいだけ
  • 認めてもらいたいだけ​

という方もお受けできません。

その他

  • 規約やこちらからのお願いを尊重できることをご確認ください。
  • 「〇〇であるべき」「他者の意見はこうだ」「〇〇するのが常識」や、「嫌味・皮肉」「同調圧力」を持ち出してこちらを心理操作しようとなさる方はお受けできません。
  • 「お客様の方が偉い」という上下意識をお持ちの方はご遠慮ください。
  • 「文章をちゃんと読む」「自分で調べる」「自分で考える」「怖くても変化する意志がある」ことをご確認ください。
  • サービス内容とあなたが求めているものが一致していることをご確認ください(サービスに掲載していない内容は提供しておりません)​。